お金を借りる時の基準として金利で判断するのも良し

近年は色々な業者が様々なカードローンを販売しているため、どれを選択して良いか迷うほどですが、選択基準の一つに金利があります。

カードローンからお金を借りた場合は元金に利息を付けて返済しなければなりません。その利息は金利によって決まるため、当然ですが、金利の高いほど利息を多く支払わなければなりません。
 

例えば、50万円を金利18%で借りて1年後に返済すれば、利息が9万円になるため59万円を支払うことになります。そこで、金利が14.5%であれば、同じ50万円を1年後に返済しても57万2千5百円で済みます。

借入額が少なかったり、返済期間が短かったりすれば大した差にはなりませんが、借入額が高額だったり、何回も借入を継続したりすると、その差は歴然としてきます。
 

実は、上記の金利の差が消費者金融のカードローンと都市銀行のカードローンの間に存在します。つまり、都市銀行の金利の方が断然低いためにお得だと言うことです。

都市銀行カードローンの金利の方が消費者金融カードローンの金利より低い理由には主に2つのことが挙げられます。
 

1つ目はカードローンの貸出原資になる資金の調達に掛かる経費が違います。都市銀行は調達活動をしなくても、日々一般市民から預金と言う名のお金が自動的に集まってきます。

つまり、経費を掛ける必要がありません。しかも、現在の預金の利子が「0円」に近いため、カードローンの貸出金利に預金の利子分を上乗せする必要がほとんどありません。
 

ところが、消費者金融は貸出用の原資を銀行から借り入れています。当然、返済する時には利息も支払わなくてはならないため、その利息分を貸出金利に含めなければならず、おのずと銀行より金利を高くせざるを得ません。

2つ目の理由が、貸出に対するリスクの違いです。都市銀行はカードローンの契約を結ぶ時には利用者に対し、保証会社の保証を受けることを前提条件にしています。
 

つまり、利用者が借入金の返済を滞らせたとしても、保証会社から代位弁済を受けることができるため、貸出金の回収におけるリスクが全くありません。従って、利益を削られる要素が無いことから、金利を低く設定することが可能です。

一方、消費者金融では仮に利用者が返済不能になると、回収不能分が利益を圧迫することになります。従って、事業に必要な利益の他に、ある程度の金額が回収不能になることを想定して予め貸出金利に上乗せせざるを得ないため、必然的に貸出金利に反映されます。
 

近年、消費者金融の審査が厳しくなっているのは、貸金業法による上限金利の引き下げによって、回収不能をカバーできるだけの利益が取れなくなったことも影響しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>